需要が高まっている日本語教師|専門講座の選び方に注目

日本語の教師を職業にする

女性

日本語の教師になるには

昨今、日本全国各地の観光地には、様々な外国旅行者が毎年増え続けています。テレビなどメディアでも取り上げられていますが、観光地の近くに住んでいる方は、その違いが顕著に分かるのではないでしょうか。観光客はもちろん、日本に移住する外国人も増えています。日本語を事前に勉強して、来日する外国人もいれば、移住してから日本語を勉強し始める人もいます。そこで、必要な職業が日本語教師になります。日本語は母国語のため、簡単に教えることができそうですが、文法や言葉の使い方などを一から外国人に教えるのはとても大変です。そこで、日本語教師になるために、全国で様々な講座が開催されています。殆どのスクールは、無料で資料請求ができたり、説明会や無料体験が行われていますので、自分にあった講座か否か選択ができます。日本語教師になるための講座のカリキュラムは、充実しています。日本語の歴史や文法の成り立ち、言語学では、言葉の意味の勉強、子音、母音、アクセントなどを勉強します。つまり、日本語について徹底的に専門的に学んでいくわけです。最終的には、日本語教育能力検定試験に合格すること、もしくは日本語教師養成講座を定められた一定の時間以上受けて修了することで、日本語教師への道が開けるのです。母国語である日本語を、語学だけでなく、歴史など詳しく学び、外国人に教える職業は、主婦や学生など年代問わず人気のある職業へとなりつつあるのです。

国際交流に貢献する仕事

勉強する人

日本語教師は、外国人等に日本語の読み書きや会話などを教える教育職です。特別な資格は必要ありませんが、多くの日本語学校は日本語教師養成講座で専門的な学習経験があることを採用条件の1つに掲げています。該当の講座は、専門学校や資格スクールなどで受講できます。

日本語を教える専門家に

女性

日本語教師になれば、海外から仕事などで来た人々に、スクールで日本語を教えることが可能となります。しかしそのためには日本語教育の検定試験に合格するか、420時間分の養成講座をスクールやWEBで受講する必要があります。後者の場合、学習の過程で自分自身が、日本に対して理解を一層深めていくことができます。

日本の文化を世界に広める

レディ

世界各地で需要が高まっている日本語教師として活躍するには、養成講座を受講するのが近道です。教えるために必要な日本語の文法などはもちろん、異文化間のコミュニケーション法や教壇での指導法などについても学ぶことができます。