需要が高まっている日本語教師|専門講座の選び方に注目

  1. Home
  2. 国際交流に貢献する仕事

国際交流に貢献する仕事

勉強する人

外国人に日本語を教授

近年、資格スクールなどで人気の高いカリキュラムの1つに、日本語教師の養成講座があります。日本語教師は、日本語を母語としない人たちに対して日本語での会話や文章表現などを教える仕事です。留学や就労を目的として日本にやって来る外国人とその家族の数が年々増加していることから、需要が高まっています。日本語教師の主な就職先は日本語学校ですが、小中学校や高校と異なり採用されるのに教員免許や特別な資格は必要ありません。ただ、当然ですが日本語教育に関する専門的なスキルを持っており、かつそれを客観的に証明できなくては採用されるチャンスはまずありません。そうしたスキルを身につける機会の1つが、冒頭に挙げた日本語教師の養成講座なのです。日本語教育は、単に日本語を話せれば誰にでもできるというものではありません。文法や語彙、発音のルールなどについて正しく理解し、かつそれを分かりやすく説明できる能力が求められます。また、言葉の使われ方は常に社会と密接な関係があることから、日本の文化や歴史などについての理解も必要です。養成講座では、こうした日本語を取り巻く環境全体について学ぶことができます。もちろん、リスニングや作文の方法など、実践的なテクニックも身につきます。日本語教師養成講座については、合計420時間以上の学習時間を確保することが望ましいという基準を国が示しています。そして多くの日本語学校では、この基準をクリアしていることを採用条件の1つに掲げています。つまり国の基準に沿った講座を修了すれば、就職へのパスポートを手に入れられることになるわけです。