需要が高まっている日本語教師|専門講座の選び方に注目

  1. Home
  2. 日本語を教える専門家に

日本語を教える専門家に

女性

スクールやWEBで受講

グローバル社会となっている現在では、海外から多くの人々が仕事や勉学のために日本に来ています。しかし中には、日本語に不慣れなために、日々の生活や勤務が困難となっている人もいます。そのような人に、日本語スクールなどで読み書きや会話のコツを伝授している専門家が、日本語教師です。日本語教師になるためには、日本語教育における能力検定試験に合格する必要があります。しかし文化庁に認められている日本語教師養成講座を受講すると、試験に合格した人と同等の力量があるとみなされます。つまり受講すればそれだけで、日本語教師として活躍するチャンスを手に入れることができるわけです。養成講座は、スクールで受講することが一般的ですが、近年ではWEB講座も利用できるようになっています。スクールでは講師に目の前で解説をしてもらえますし、WEB講座ではその様子を撮影した動画を視聴できます。どちらの場合も、内容を理解できているかどうかを確認するためのテストが定期的に行われます。そして420時間分の受講を終え、全てのテストに合格すると、修了証が授与されるというシステムになっているのです。その後は、日本語教師としての就職活動ができるようになります。また養成講座では、日本語の正しい発音や文法はもちろん、日本の歴史や文化、異文化交流やその際の心理についても学習します。そのため祖国に対する理解と愛情とが深まり、より日本人らしく生きていくことが可能となるのです。